イベント

生活体験合宿

投稿日:

夏の生活体験合宿が終わりました!






掃除したり!


柿渋を塗ったり!




ナンやうどんや重ね煮を作って、、、




いっぱい食べて




遊んで、遊びつかれて、、、

とっても盛りだくさんでしたね!
わらにはみんなのきらきらした顔でいっぱいでした!

参加された方からとても嬉しい感想のメールをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

                                                                                                                    • -

みなさま 先日は、楽しい3日間をありがとうございました。
昨日、長崎から参加されていた方とお電話でお話する機会があって、ほんの数分でしたがとても楽しいひと時でした。
なんだか、みなさんとも少し、お話したくなって、文集にアドレス載っていた方全員にメールしております。

Mちゃんが、お食事の度に「なんか親戚の集まりみた〜い」とか、「来月、またみんなで集まりた〜い」って、よく言ってたよね。
今、その気持ち、とってもよくわかります。
たった3日だったけど、「家族」だったな〜って。

最後にバス組が船越さんとコウタさんに車で送ってもらっている時、マイカー組のみなさんと「わら」のみなさんが、車が見えなくなるまでずっと手を振っていてくださってたでしょう。
なんだか「ウルルン滞在記」みたいで、みなさんをとっても近くに感じました。

感想文集、謙雄さんありがとうございました。
みんなの思いがこうしていただけるなんて思ってもみなかったので感激しました。
離れてからも、一緒の時間を思い出すことが出来て、大切な思い出の品になりました。

Mちゃん、Tちゃん、Kくん、1班で、息子といっぱい遊んでくれてありがとう。
Rくんと追いかけっこ、いっぱいしたのも楽しかったみたいだよ。

にわとりさんのところ、Kくんの感想、ストレートでとっても深かったです。
みんなを代表してにわとりさんを抱っこしていてくれてありがとう。

MちゃんとSちゃんが、涙しながらもちゃんとすべてを受け止めていた姿もとても印象に残っています。
二人がずっと手をつないでいた姿、素敵でした。

Hさんが、「ありがとうございます」と言葉に発した時、初めての気持ちになりました・・・て、書いていらっしゃったでしょう。
とっても、よくわかりました。
私も何て言い表したらいいか、本当によくわからない・・と思ってたのですが、Hさんの「初めての気持ち」ってのを読んで「そうだ!」と思いました。
本当に初めての気持ち。
一生忘れることのない、大切な「初めての気持ち」を私も感じました。

Yさんが、なでしこJAPANの澤さんの言葉書いていらしたでしょう。
「苦しい時は私の背中を見なさい」・・・あの言葉、私も大好きです。

Mさんが「他喜力」という言葉を文字にいていてくださったの感謝です。

あと、Tくんが、滞在期間を7月32日って書いていたのが可愛かったな〜
もう一日いたい気持ちが、そうさせたんだよね・・・よくわかる。

それから・・・
Yさん、食事の時のコウタさんのお話って、どんなお話ですか?
よろしければ、お聞きしたいです。

SさんとOさんがアドレス載ってなくて残念です。
Tさん、洞窟の時、荷物や懐中電灯持ってくださってありがとうございました。
とってもとっても助かりました。

それから、みなさん、満天の星・・・の屋根の時。
息子のはしご、上り下りをずっと待っていてくださってありがとうございました。
彼の時間を作ってくださったこと、本当に感謝しております。

竹細工の平松さん。
楽しい時間と素敵な作品をありがとうございました。
ざるを買った時に「ええのを選びなさった」っておっしゃってくれた平松さんの言葉と共にずっとずっと大切に使っていきます。
平松さんのやわらかい話し方が、とっても好きでした。
チビちゃんも一緒に来てくれてありがとう。
買った鈴、息子は、なぜか「おばば」と名づけてよく振って遊んでいます。

竹細工、3歳の子龍もすごく楽しめたようです。
自分の大きな作品をみんなに自慢していました。

やまちゃん、息子の竹細工いっぱいいっぱい手伝ってくださってありがとうございました。
それから、散歩道もずっと1ヶ月以上前から整備してくださったこともありがとうございます。

それに、なんてったって、コウタさんとやまちゃん、東京から、戻ってきてくださってありがとう。
お二人がいなければ、きっとこの合宿は、実現しなかったかもしれないですもんね・・・

謙雄さん、あの素敵なブランコ、作ってくれてありがとうございます。
あんなに気持ちのいいブランコ、子龍と乗れて、最高でした。

本当に本当に皆さん、ありがとうございました。

息子に「何が一番楽しかった?」って、聞いたら、
「お掃除!!」ですって。

「何が一番美味しかった?」って、聞いたら
「梅ごぼう!!」ですって。

なかなかシブい3歳です。

昨日、3本98円のみたらし団子を食べる時、息子は途中までパックを開けて、止まりました。
「ママ、アメツチの・・・やろうよ〜」って、言うんです。
二人で「天地のお恵みと・・・」のお祈りをしました。
お祈りしてるうちに98円のみたらし団子に後光がさしてるような・・・そんな風に思えました。

それから、今日、息子が家でオシッコをしていて、便器から、外にこぼれちゃったようです。
立ってしていたのでね・・・
いつもなら、「ママ〜こぼれちゃったぁ!!」ってすぐ呼ぶのに、今日は自分で拭けるところは、せっせと拭いてお掃除していました。

本当に楽しかったです。
「わら」のみなさん、素敵でした。
女性スタッフの方が、お食事の用意で食器を並べている姿もとっても美しかったです。
私がオムツのことで質問して、わからなかった時に「オムツの件ですね、ただいまうかがってて参りますので、少々お待ちいただけますか?」
とおっしゃってくださったの、とても素敵でした。

最後のお食事のうどん流しの時、私たちがお食事いただいている間、ずっと汗だくで麺を湯がき続けて下さってたでしょう?
あの姿を見て、大切なことに気付いた気がしました。
船越さんが「わらのお話」で、書いていらっしゃったように
「流した汗と出した誠意の分量が、自分の幸せを築いていく」
その通りだな〜と。
その姿を見れば絶対お天道様も応援したくなりますよね!

すべてをまとめてくださった船越さん、かおりさんありがとうございました。

今頃は、東北からの方たちでお忙しい毎日のことでしょう。
これからも、ずっとみんなの元気エネルギーの発信地でいてください。
みんながキラキラ輝ける場所だと思いました。

一緒に参加してくださったみなさん、またきっとどこかでつながりそうな気がしています。
その時を、楽しみにしております。

このご縁に感謝します。
素晴らしい時間をありがとうございました。

                                                                                                                    • -


これがその梅ごぼうです。梅干とごぼうだけで炊いて、信じられないくらい甘いんです!

-イベント

Copyright© 重ね煮とわらの暮らし , 2022 All Rights Reserved.