HOME>重ね煮 土鍋 【天地】





古く奈良時代から受け継がれてきた伊賀焼きは、その陶土の中に炭化した植物を多く含んでいます。
そのため焼成すると多孔性の素地となり、鍋本体が熱をしっかり蓄えて食材のうまみを逃がしません。
また、独自の風合いを醸し出すために、わらの土鍋では昔の茶陶に用いた釉薬を使用。
さらに釉薬の中に天然鉱のエネルギー石「SGE」を入れることで、重ね煮の力をいっそう高めました。
わらの料理の基本である重ね煮をどこまでも極めたい。
そんな想いに突き動かされて、この土鍋が生まれました。
「重ね煮」とは、火のエネルギーを加えることによって、お鍋の中でいくつものエネルギーが
対流を起こす料理法です。
様々な素材を徹底して吟味したうえで、最後に辿り着いたのが耐火度のきわめて高い伊賀の陶土でした。
土鍋本体が熱をしっかりと蓄えるため、食材のうまみを逃がしません。
また、蓋の穴をなくすことで熱を加えた時にウォーターシリング状態となり、野菜の水分だけで
料理ができます。
さらに遠赤外線効果も高く、野菜だけでなく玄米、白米もふっくらとおいしく炊きあがります。
幸せは食にあり、食は幸せなり。
天地のお恵みに感謝を込めて、天地を作り上げました。
どうぞこの土鍋をご愛用ください。
注文数: