わらの暮らし

雨でD.I.Y楽しいな

投稿日:

今日は朝から雨で、畑仕事が出来ないので、D.I.Yの日
富山からもらってきた 欅の古材を使ってインターホン専用の柱を作りました。この古材は300年以上経っているのでとても堅くて。製材が大変でした
柱を一本製材するだけで,鋸刃もかんなの刃もぼろぼろになってしまいました
結局、私の腕では,かんな仕上げは不可能なことが解り、サンドペーパーで仕上げました。 われながらいいできばえに満足でした。仕上がってつるつるになった柱に頬ずりしてニンマリ。
次に作ったのが『まな板』 まな板の材料として適しているのは、朴ノ木と銀杏木なのですが15年前に山から切り出して荒引きして乾燥させていた朴ノ木があったので、作りました、朴ノ木は欅に比べると柔らかくとても細工が楽でした。
朴ノ木は殺菌作用もあり、包丁にもやさしいので、わらではずっと朴ノ木を使っています。厚めに作っておいてときどきかんなをかけて、薄くなって使えなくなるまで大切に使わせてもらっています。
今日のまな板には少し節があったのですが、かんなもスムーズにかかり中々いいものが出来ました。

出来上がった朴ノ木のまな板

手かんなで仕上げと面取りをしているところ

荒引してあった板をプレーナーという自動かんなで製材しているところ

-わらの暮らし

Copyright© 重ね煮とわらの暮らし , 2021 All Rights Reserved.