わらの暮らし イベント

父親が生まれ育った仙台で 料理教室とお話会!

投稿日:

 私の父親は仙台生まれ。18歳まで仙台で暮らし、その後京都の大学へ進学。在学中20歳の時に学徒動員で満州へ、そして終戦。2年間の抑留生活後、奇跡的に無事帰国。 帰国後、岡山の船越家の婿養子となり母と結婚。大正、昭和、平成と働き続け、88歳の天寿を全うした父でした。80歳を過ぎた頃から認知症がひどくなり、最後の数年間は私のことさえわからなくなるぐらいで…。しかし、戦争と仙台のことは不思議なぐらい事細かに正確に覚えていました。

父は、18歳で仙台を離れて以来一度も生まれ故郷の仙台に帰ったことがなかったので、「愛子(母の名前)を仙台に連れて行って案内してやるんじゃ」と口癖のように何度も何度も言っていました。そんな折、ありがたいことに仙台で自然栽培をしているグループから講演のご依頼を頂きました。これが最後のチャンスと思い、思い切って父と母を連れて仙台に行ったのがちょうど10年前。認知症もかなり進行していて自分で歩くことも難しく、車椅子なしでは移動できない状況の上、おむつなしでは生活できない状態でしたが、行く先々で観光ガイド並みの説明を楽しそうにしてくれました。父の生まれ育った家は残念ながら残っていなかったのですが、その近くの神社や同級生の親が営んでいた蕎麦屋さんはまだ残っていたのです。しかも、その同級生は現役で蕎麦を打っているという驚きの再会。 同級生の打ったおいしい蕎麦を食べながら、楽しそうに思い出話に花を咲かせていました。その後、青葉城、松島、少し足を延ばして、中尊寺金色堂、毛越寺、厳美渓と東北の名所めぐり。一日中ぼーっとしてあまり喋ることのなかった父親が、どこに行っても歴史学者なみにうんちくを語る姿に、驚かされました。

そんな思い出がいっぱいの仙台で、料理教室とお話会をさせていただくことになりました。父も母も、今はもうこの世にいませんが、今回もきっと一緒に仙台に行ってくれることでしょう。

仙台は講演会で何度か行かせていただいていますが、 料理教室は初めてです。実際に包丁を持ち調理をして食べる 。食べ物変えると運命が変わる。物言わぬものにもの言わすものづくり。体験を通して実感していただけたらと思っています。

そしてお話会では、私の実体験を通して得た確信をお伝えします。 

生きてるだけで100点満点

人生は楽しむために

大好きなことだけをして幸せに生きる

諦めない限り夢は叶う

条件なしで徹底的に自分を愛する

全ての出来事は良き意図を持った必然

皆様の人生が善き方へ舵取りできるきっかけになれるよう全力を出し切って精一杯の自分でお話をさせていただきます。 光の国に住んでいる父も母も一緒に仙台に行って、きっと応援してくれると思っています。 

【仙台初開催】 船越康弘氏の"重ね煮"料理教室&感動のお話会in仙台

10月8日(木曜日)

第1部:重ね煮料理教室 限定24席

10時から13時まで

第2部:「今つたえたいこと」お話会 限定90席

16時から19時まで

重ね煮料理教室:11,000円

お話会:4,000円

重ね煮料理教室とお話会セット価格

15,000円→ 12,800

開催場所

会場:エルパーク仙台

場所:仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(仙台三越定禅寺通り館) 5階・6階

電話 022-268-8300

お申し込みは下記特設サイトから

https://mouriminako.com/l/S1aeXA.d.html

-わらの暮らし, イベント

Copyright© 重ね煮とわらの暮らし , 2020 All Rights Reserved.