未分類

テトラパックリサイクル便

更新日:

テトラパックリサイクル便

いよいよ明日からレジ袋の有料化が始まります。 料理教室や講演会で 健康や体のことを考えて、添加物や農薬を 排除する前にまず私たちの命を支えてくれる環境に迷惑をかけないことから始めましょうと30年前から 伝え続けてきました。ヨーロッパの国々では10年前からプラスチックゴミの削減は当たり前になされてきたそうです。 日本でも遅ればせながら動き始めたことを 素直に喜びたいです。 最近のではミツバチへの配慮から農薬使用制限に動き出したというニュースも聞かれるようになりました。ネオニコチノイドという実名が出てないにしても、一歩前進したと思いたいです。 わらでは何年も前からペットボトルは買わないようにしています。マイバッグの持参もかれこれ30年近く続けていますし、スーパーで豆腐や揚げを買う時にもできるだけ日付の古いもの賞味期限の切れそうなものから買うようにしてきました。 しかしながら 豆乳などの紙パックの内側にアルミが貼ってあるいわゆるテトラパックの リサイクルはどうしたらいいのかわからずいつも悩みの種でした。特に私たちは牛乳を飲むことがないので豆乳の使用量はとても多く悩みのタネでした。

昨年の暮れに Facebook を通してテトラパックリサイクル便というのがあるのを知り、今までずっと引っかかってモヤモヤしていたことが解決できて 、長いこと見つからなかった探し物を見つけた時のあのほっとした嬉しさを感じました。 パソコンでテトラパックリサイクル便を検索してみてください。それに申し込むとアルミ付き紙容器をまとめて送り返すためのダンボール箱が自宅まで送られてきますそのダンボールの中に 、使用済みのテトラパックを綺麗に水洗いしハサミで切って広げたものをそのダンボールに入れて送り返すと言うシステムです。 もちろん私たちに金銭的な負担はないので誰でも手軽にできると思うので是非挑戦してみてください。こんな一人一人ができる本当に小さなことの積み重ねが 繋がると思います。100年に1度と言われる水害や台風に毎年見舞われ大きな被害が出ています。それを私たちのほんのちょっとした気遣いで 少しでも防ぐことができるならこんな素晴らしいことはないと思います。 そんな本当に誰でもできる小さいことの積み重ねの大切さ。そしてそれが具体的にどう環境に良き影響を及ぼすのか多くの正確なデータを持って本当に納得できる説明をしてくれる私の環境活動のあり方に、大きな影響を与えてくれた谷口貴久くんがわらに来て講演をしてくださいます。 

詳細はわらのホームページや私の Facebook を見ていただけると案内が載っていますので、興味のある方はご参加ください。

-未分類

Copyright© 重ね煮とわらの暮らし , 2020 All Rights Reserved.