イベント

お客さまから頂いたお手紙です。

投稿日:

夏休みにご家族3名さまでご宿泊いただいたお客さまから、こんなうれしいお手紙をいただきましたので紹介させていただきます。

                                                                                                          • -

先週、家族3人で宿泊させて頂きましたWです。
その節は、本当に有難うございました。

私も始めは妻から紹介されて、失礼ながら半信半疑で伺った次第ですが、家族の喜ぶ顔を見て本当に良かったと実感致しました。
宿泊してからの朝は、息子と散歩道を散策していましたが、そこで出会う動物や虫、手作りのブランコを見る子供の目は今までに無いほど良い目をしていて、自分自身ハッとさせられました。考えてみれば、私も幼少期を北海道の田舎で育ち、毎日野山を駆け巡り、自分だけの秘密の場所を見つけたりすることに楽しさを感じていたはずなのに、いざ息子ができると整備された公園や施設に連れて行くことが当たり前のようになっていました。
毎日頂いた美味しい食事のように、自然のものを工夫して口にすることに喜びがあるはずなのに、始めから味の想像がつく人工食材に頼って毎日を送るように、子供の遊びを知らず知らずに限定していたことに改めて気づいたといえます。日本には四季があり、その移り変わりを風景や、生き物、食材で感じ取れ、だからこそ繊細な日本文化が誕生したということは頭でわかっていたはずでも、それだけ自分が子供に教えられていたかというのは、残念ながら疑問です。これからの息子の成長には、ぜひそうしたことを配慮してあげたいと思います。
そして更に、宿については柱から什器に至るまで、非常なこだわりに感心をさせられ、食事はその一品一品がこちらの箸の進み具合を配慮頂きながら、気持ちのよいサービスで提供いただき、心の底から満足致しました。
親子でベランダからみた大きなお月様は、きっとそれぞれが忘れない光景になったかと思います。
本当に有難うございました。

また、私の妻からも宿泊の感想を言いたいとのことですので、原文のまま記載致します。こんなに喜ぶ妻の姿は初めてかもしれません。

『私達家族にとって「わら」は思い出すと懐かしい、頑張れる…そんな故郷のような場所になりました。

入った瞬間の空気からして何かが違って感じられた部屋、お湯が柔らかいお風呂、感動ものの食事、研修生の皆さんの生き生きした姿、同じ日に宿泊した家族の子供達の笑顔、ブランコに乗った時や玄米ご飯を頬張った時の息子の顔、包まれるような山や空やお月様…どれも一生忘れられない思い出になりました。

大袈裟でなく、全てが完璧。なのに全てが自然。
普段生活していると、ナチュラル生活とかマクロビとか…興味はあっても敷居が高いというか、頑張りすぎると疲れてしまうというか…なのに「わら」では肉や魚がなくても「あれ?そういえばそうだったっけ?でもパワーが出るな」だったし、テレビなしでも全く苦にならないどころか見たいとも思いませんでした。不思議です。

ご主人のお話も深く心に刻まれました。
よく下調べもせず宿泊を決め、直前になってご主人がただものではないらしい(笑) と知り、何かお話したいけど何にしよう、今一番不安な放射能関係の話か…などと迷っていたら、今私が一番必要としていたお話をしてくださいましたね。素敵な本やCDまでありがとうございます。少しずつ実践してみます。

皆さんありがとうございます。お体に気をつけて。
ぜひまた伺います。わらの春夏秋冬を味わえたら最高。「故郷」だからせめて年1回は「帰りたい」なぁ。』

末筆ですが、船越様、奥様、ご家族の皆様、白倉様、原様、島津様、本当にお世話になりました。まだまだ暑い日が続きますが、お体をご自愛の上、お過ごしください。
また、近いうちにお伺いさせて頂く事を楽しみにしております。

                                                                                                                          • -

もりもりお野菜を頬張る息子さん、楽しそうにお食事されている皆さまを見て、厨房の中まで幸せな空気でいっぱいでした。ありがとうございました。
ぜひ また帰ってきてくださいね、お待ちしております。

-イベント

Copyright© 重ね煮とわらの暮らし , 2023 All Rights Reserved.